黒蝶真珠について

PEARL GRADE

PEARL SEIWA
黒蝶真珠

黒蝶真珠とは、黒蝶貝が産み出す真珠のことを言います。
黒に見えても緑や赤など、様々な色を含む神秘の真珠。
色合いもさることながらバリエーション豊富な形、存在感のある大きい粒など
様々な魅力を持つ宝石です。

真珠は「粒」として生まれ、集まって「連」になります。
真珠ネックレスの美しさ、それはまず「粒」に始まります。

  • 黒蝶真珠には赤・黄・緑の3つの色が含まれています。
    これらが重なり合って複雑な色を醸し出すのです。一つとして同じ色は無い、個性的な真珠です。
    グリーンの色が深いほど、価値は高いとされます。

    深いゴールド 薄いゴールド
  • 黒蝶真珠にはラウンドとセミラウンド、そしてバロックが存在します。ラウンド、真円の真珠が出る確立は非常に少なく、希少価値が高くなります。
    黒蝶貝自体は大きな貝ではないため、12mm位が一般的です。

    ラウンド バロック
  • エクボ

    シワやへこみ、突起など、真珠表面の美しさを損なうものを一般的に「エクボ」と呼びます。黒蝶真珠は粒が大きくなる分、エクボも生まれやすい真珠です。
    ですがエクボも「味」のひとつとして、親しまれています。

    エクボ
  • 巻き

    黒蝶真珠は南洋の海流の中、母貝が大きくなるのも早いため、一般的に巻きが厚い真珠です。その分大きく、形にバリエーションが出やすいのです。

  • テリ

    テリとは、真珠層が光を通すことによってできる光沢のことです。黒蝶貝とアコヤ貝は近い種類と言われており、黒蝶真珠も、アコヤの様な透明感のあるテリを出します。

真珠の美しい「粒」。それが集まって「連」になります。
色合い、光沢、大きさ。
全てが揃って、美しいネックレスになるのです。

  • 色のそろい

    ネックレスのグレードを決める要素の一つは、色が揃っているかどうか。
    「色」、そして「光沢」。この二つが揃っていればいるほど、グレードの高いネックレスになります。

    色のそろい
  • 形のそろい

    真珠の粒が、真円に近ければ近いほどネックレスのグレードは上がります。
    黒蝶真珠の真円は希少価値が高く、価格も高くなります。

    形のそろい
  • エクボの有無

    もちろんエクボも、ネックレスのグレードを決める要素の一つです。
    黒蝶真珠ネックレスはエクボがあるものが多いですが、それも魅力の一つとして、人気のある真珠です。

    エクボの有無

黒蝶真珠ネックレス
グレードの

最高峰から、リーズナブルまで。
聖和には様々なグレードの黒蝶真珠ネックレスが集まります。
その中から二つのグレードをご紹介致します。